投資信託の心構え

投資信託の心構え

分散投資によってリスクを軽減できるのが投資信託の大きな 特徴ですが、上がったり下がった りするのが市場の原理。成果がでるのに時間がかかるのも特徴です。そのため、運用する資金を使用する明確な「目的」、使用するまでの「期間」、運用してい る間にどれだけの下落に耐えられるかの「リスク許容度」が決まっていないと、不測の自体の時にパニックに陥ってしまいます。

投資信託も商品によって運用対象が異なり、それによって値動きの幅も変わってくるので、自分の目的、性格に合った商品を選ぶのが重要になってきます。

商品の購入後にも心構えが大事です。

思いもよらない値上がり時には・・・利益がでているので利益の確保をしたくなる。
思いもよらない値下がり時には・・・損失が増えてしまうので早いうちに売却したくなる。

と、多くの方が思ってしまうものです。特にテロや戦争が勃発して大幅に下落したときなどは
なおさらです。こういった時こそ、じっと我慢して持ち続けることが、資産を守り、殖やすことに繋がっていくのです。

投資信託を使った資産運用は中・長期間になることが非常に多いです。長い期間継続していくためにも、一貫したアドバイスをしてくれる専門家がいると、安心 できるのではないでしょうか?