もし資産管理機関(年金資産を預かっている信託銀行等)が破綻した場合、積み立てた年金資産はどうなりますか。

資産管理機関(または事務委託先金融機関)である信託銀行では法令に基づき営業上の固有の資産と加入者等の年金資産は分別管理されていますので、資産管理機関が破綻しても積み立ててきた年金資産は保全されます。