FPブレーンの「企業型確定拠出年金の導入相談窓口」

FPブレーンの「企業型確定拠出年金の導入相談窓口」

導入実績40社以上

企業型確定拠出年金の
「導入」から
「導入後金融教育」まで
サポートいたします

企業型確定拠出年金導入のメリット

掛金は全額損金算入
掛金は全額損金算入

企業様が拠出した掛け金は全額損金算入が可能となります。導入企業様とその従業員様の双方にメリットがあります。

優秀な人材確保
優秀な人材確保

従業員様にとってもメリットの大きい福利厚生制度を導入していることにより、会社の魅力がアップ。他社との差別化になり、より優秀な人材確保につながります。

経営者や役員もOK
経営者や役員もOK

経営者や役員も1名からでも導入できます。

具体的な税効果について

シミュレーションの仮定

年齢50歳 月額報酬1,000,000円の役員が、66万円(年)を

① 役員報酬で上乗せした場合
② 確定拠出年金の掛け金として拠出した場合

① 役員報酬に上乗せ
役員報酬(年)1,266万円
確定拠出年金掛金(年)0
社会保険(健康保険料)※1761,256
所得税※21,406,500
住民税(10%)880,500
税効果-
② 確定拠出年金で拠出
役員報酬(年)1,200万円
確定拠出年金掛金(年)660,000確定拠出年金の口座に積み立てられ、法人から個人へ所得の移転となります。
社会保険(健康保険料)※1684,432
所得税※21,406,500
住民税(10%)822,100
税効果272,346役員報酬で受け取る場合と比べ、27万円以上の税効果、社会保険料効果が期待できます。
① 役員報酬に上乗せ② 確定拠出年金で拠出
役員報酬(年)1,266万円1,200万円
確定拠出年金掛金(年)0660,000確定拠出年金の口座に積み立てられ、法人から個人へ所得の移転となります。
社会保険(健康保険料)※1761,256684,432
所得税※21,406,5001,406,500
住民税(10%)880,500822,100
税効果-272,346役員報酬で受け取る場合と比べ、27万円以上の税効果、社会保険料効果が期待できます。
※1 東京の協会健保の料率を使用 ※2 所得税率には復興特別所得税を含む

上記は、現時点での確定拠出年金に関する法令規則、および実務の選択、税法、社会保険を基に作成しておりますが、
全てを網羅するものではなく、あくまでも仕組みの概要を述べたものにとどまり、内容の正当性・完全性を保証するものではありません。

導入後の継続的な金融教育

企業型確定拠出年金の導入後に企業様には努力義務として
従業員様への継続投資教育があります。


FPブレーンでは、制度の導入だけでなく経験豊富なIFAが机上の空論ではない
投資教育にてサポートいたします。

導入実績40社以上FPブレーンが選ばれる理由

IFA勤務 20年
運用益がプラスのお客様の割合 100%(99.6%)
FP顧問継続率 100%

お客様の人生に寄り添い、ファイナンシャルライフに伴走するFPオフィスとしての業務実績20年。
コロナ禍での金融市場の混乱においても、運用益がプラスのお客様の割合は高水準を維持。
マーケットの動向や感情やに流されない「投資教育」が選ばれる理由です。

導入を申し込む
導入実務もっと見る
企業型確定拠出年金の導入編もっと見る
導入後の継続投資教育編もっと見る