導入後継続投資教育サポートのお申込

導入した後がスタート

「納税額が軽減できる貯蓄制度なので、導入したい」
「社員への福利厚生として、備えておきたい」
様々なきっかけで導入される企業型確定拠出年金。導入することが目的だと感じてしまいそうですが、導入のお手続きが完了することは、ゴールではありません。

この制度を本当の意味で活用するためには、導入後の行動がとても大切です。
そもそも、確定拠出年金は、国民全ての方の老後の暮らしを豊かにするために、自助努力促進を目的とした国の政策で制定されています。所得税、住民税の節税、社会保険料の軽減を促進しているわけではありません。あくまでも、節税のメリットは、スタートのきっかけであり、最終的な目的は、加入された方に将来に向けた資産形成をしていただくことなのです。

「毎月積み立ててていく掛金をどうやって運用していくか」
取り入れた制度を、最大限に活用するためには、運用方法をしっかり考えて実行しなければいけません。

すなわち、制度の導入はあくまでも準備であり、掛金の積立が始まったときが、この制度の本当のスタートラインなのです。

老舗IFAのFPブレーンだからできる投資教育

日本では、大人になるまで投資教育を受ける機会が全くありません。そのため、「投資をギャンブル」と理解している方がほとんどです。お金のアドバイザーであるファイナンシャルプランナーでさえも、「投資は損するかも知れないから危ない」と考えている方は少なくありません。

実際に制度に加入している方の運用状況を見てみましょう。
2018年12月の日経新聞によると
・企業型確定拠出年金加入者数は約650万/・資産運用資産規模は、約12兆円
運用の中身は、「預貯金35%、保険17%」と半分は元本保証型を選択しているそうです。

超低金利が続く日本で、このような状態を続けていくと、インフレ負け、コスト負けにより、大して増やすことは出来ません。「でも、元本が保証されているから良いです。」と思うのでしょう。

「投資はギャンブルと変わらないから、元本保証が一番」
という、日本特有の常識が、この数字にあらわれています。
これは、「車は事故を起こすから、運転しないのが一番」と同じこと。

投資はギャンブルだ!と感じていらっしゃる方。ぜひ、下記をご覧ください。

【参考:資産運用は「教育」によって資産が殖える】

せっかく会社が取り入れた優れた制度を、最大限に活用できるかどうかは、正しい情報を知ることができるかどうかにかかっています。

弊社は、IFA(ファイナンシャルアドバイザー)であり、資産形成や資産運用のアドバイスの多くの経験、長年の実績があります。
従業員の皆さまが、将来への安心を感じ、より今を楽しんでいただくために、確定拠出年金の活用をはじめ、ライフプランを踏まえた全体のサポートをさせていただくことが可能です。
本当に従業員の皆さまのためになる福利厚生の制度として、投資教育、またFPサービスのご利用をご検討ください。
まずは先入観を取り払い、正しい情報を正しく理解することから、始めてみましょう。
お気軽に、お問い合わせください。

■導入後サポート 費用

企業型確定拠出年金を弊社から導入された場合だけではなく、すでに導入済の企業様もお申込みいただけます。

確定拠出年金継続サポート
(従業員の方の個別FP相談も含む)
月 5,000円~
スポット投資研修(2時間程度)50,000円~
従業員数1名~20名程度の場合の参考金額です。金額は人数により変動しますので、事前にご確認ください。
金額は全て税抜表示です。

継続サポート、スポット投資研修は、資産運用についての基礎知識や、資産運用の方法等の内容です。
個別銘柄の推奨は行いませんのでご了承ください。

お申込みはこちら