所得税が控除されるということは将来の年金資産の算定にも影響する?

答えは、Yesです。

確定拠出年金のメリットである「所得税が軽減できる」=「標準報酬月額が減る」ので、これを基に計算をする傷病手当金や失業手当、遺族年金、厚生年金等の受け取り額が減るということになります。

ですが、掛金の拠出金額全額を所得控除することが出来ますし、拠出金額によっては社会保険料を軽減することもできます。また拠出した掛け金を正しく運用すれば、資産を殖やすことも十分に可能です。

確定拠出年金を利用するメリット・デメリットを総合的に判断すると、この内容を過度に心配する必要はないでしょう。