ふるさと納税よりお得?

皆さん、ふるさと納税を利用されている方は多いのではないでしょうか。

ふるさと納税も所得税控除の1つである寄付金控除を利用することによって、所得税・住民税の節税になります。

この企業型の確定拠出年金、実はふるさと納税よりも税制面で優れています
企業型確定拠出年金は、企業によって月額最大55,000円(年額66万円)/27,500円(年額33万円)の拠出限度額限度額が決まっています。

この違いは何かと言うと、他の退職金制度がない(もしくは退職一時金か中退共を併用)場合の月額 掛金額は最大55,000円、企業年金(DBもしくは厚生年金基金)がある場合は最大27,500円と拠出できる金額が決まっています。

ふるさと納税の場合、年収や家族構成、お住まいの地域によって 寄付金控除上限額が 異なりますが、1,000万円の年収で夫婦共働きの場合、172,000円が限度額になっています(2019/1月時点の試算)。
その所得控除はその年の所得税から還付され、翌年の個人住民税から控除される仕組みです。

比べてみてください。
企業型確定拠出年金の場合、掛け金55,000円/月の場合は年間66万円、27,500円/月の場合は年間33万円です。それに加えて、

  • 掛金の所得控除
  • 運用益の非課税
  • 受取時の税軽減

通常の資産運用では現在運用益の20.315%が税金として引かれてしまうので、資産形成の面においてもこの企業型確定拠出年金は非常にメリットがあると言えます。