役員のみの企業の場合、iDeCo(個人型確定拠出年金)と企業型DC、どちらのメリットが大きいですか?

ずばり、「企業型」確定拠出年金です。

役員が厚生年金の被保険者の場合、iDeCoの拠出限度額は月額23,000円となります。
一方、企業型DCでは月額55,000円※と倍以上の掛金を拠出できます。 さらに、企業型で拠出する掛金は企業経費となり、個人の所得とならないため社会保険料の算定からも外れます。

これらの税効果、社会保険料の負担軽減効果が見込めることを考えると、役員のみの加入であっても企業型確定拠出年金のメリットは大きいと言えます。


※その他の企業年金がある場合の拠出限度額は、月額27,500円です。