1名より制度導入可能!

企業型確定拠出年金、実は加入者「1名から」導入可能です

つまり、役員1名しかいない法人でも、厚生年金適用所であれば設立できるのです。(金融機関によって引き受けが出来ない場合もあります。 )

まず制度導入までの流れですが、企業型DCは金融機関を通じて契約をします。掛金などの制度設計を決めて、労使合意(役員1名の場合でも同意書や経緯書などの証明が必要)の後、企業年金規約などを作成して管轄している厚生労働省に申請をするという流れになっています。

そしてこの企業型確定拠出年金、実は非常にメリットが高いのです。
 
  個人型確定拠出年金 (iDeco) の確定拠出額上限が月23,000円なのに対し、企業型確定拠出年金の上限額は55,000円(企業によっては上限額27,500円のところもあります)。

ですから、企業型の方がより多くの金額で運用をすることができ、所得税軽減など税制優遇メリットもより大きなものになります。

また、企業からの拠出金額も損金として認められるので、前払い退職金として給与に上乗せをして支給することも出来ます。

現在退職金制度を導入していない会社や、これから導入を検討している企業にとって、コストを考えても非常にメリットを感じていただける制度となっています。