役員も加入できますか?

はい、加入できます。

企業型確定拠出年金の場合、役職に関係なく、社長や役員の方も60歳未満の厚生年金被保険者
であれば加入ですることができます。

もちろん、事業主掛金は全額損金計上ができます。

また、企業型年金規約で資格喪失年齢を60歳以上65歳以下の一定の範囲で定める場合は
その該当する年齢に達するまで加入者となることが出来ます。ただし60歳到達前に加入資格を
取得している必要があります。

もし53歳で加入資格を得た場合は、60歳では受け取れず、62歳から給付請求が可能となっています。

給付金請求の判定を行う時に、通算加入者期間で判定をします。

     通算加入者等期間       受給可能年齢
通算加入者等期間が 10年以上      ⇒  60歳
通算加入者等期間が 8年以上10年未満  ⇒  61歳
通算加入者等期間が 6年以上8年未満  ⇒  62歳
通算加入者等期間が 4年以上6年未満  ⇒  63歳
通算加入者等期間が 2年以上4年未満  ⇒  64歳
通算加入者等期間が 1ヶ月以上2年未満 ⇒  65歳

通算加入者等期間が10年以上で初めて60歳から受けることが出来ます。
また、加入期間のうち間が空いている場合は、それぞれの加入期間を加算して通算加入者等期間を計算します。加入期間による受給開始年齢は上記判定と同一です。